WordPressセキュリティ重点保守サービス


単なる一部門ではない、セキュリティ専門会社がご提供するセキュリティ重点保守。

WebRepairを展開するCCSIでは、WordPressのセキュリティと管理運用に特化した保守サービスを行っております。

サイバーセキュリティ経営ガイドラインの存在


経済産業省では、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)と共に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定しています。

これは経営者のリーダーシップのもとサイバーセキュリティに取り組むことを求めたもので、

経営者が適切なセキュリティ投資を行わずに社会に対して損害を与えてしまった場合、社会からリスク対応の是非、さらには経営責任や法的責任が問われる可能性がある。

サイバー攻撃が避けられないリスクとなっている現状において、経営戦略としてのセキュリティ投資は必要不可欠かつ経営者としての責務である。

とかなり強い表現がとられています。

サイバーセキュリティ経営ガイドラインは、Ver.1と直近のVer.2がありますが、上記はVer.2で過去のVer.1より表現が強化されています。

この中では、脆弱性検査の実施や不正なアクセスの検知について、また被害発生時の復旧体制の整備などが求められています。

CCSIのセキュリティ重点保守サービスは、これらを中小企業の予算感なども踏まえ現実的な範囲で担保するものです。

セキュリティ重点保守ならではのメリット


家を建てるプロが防犯のプロとは限らない


Web制作会社の皆さんはデザインや構成についてプロフェッショナルではありますが、セキュリティにおいてもプロフェッショナルであるケースは大変少なく、せっかくのWebサイトが改ざん被害に遭ってしまうことがあります。

これはそもそもの守備分野が違うからで、家を作る大工さんが防犯のプロではないのと同じです。

企業規模が大きくなるとセキュリティ専門のチームがいたりしますが、ほとんどのWeb制作会社はそれほどの規模になく、またそれだけの規模の制作会社に依頼した場合費用も高額になってしまいます。

そこで、ページの更新や画像の作成などはweb制作会社様に、セキュリティはCCSIに、というのはいかがでしょうか。

セキュリティはその気になればどこまでもコストをかけていかなければなりませんが、必要なセキュリティレベルに留めればコストは落とせます。

また中小企業の場合あまりに高額なセキュリティ対応コストは単に負担になってしまうでしょう。

保険と同じで、必要な部分のみを通販形式でご提供できれば価格は引き下げられますし、CCSIではそうした視点から必要十分なセキュリティ重点保守サービスをご提供させて頂いております。

制作会社様向けのOEMプランがあります

本保守サービスは、制作会社様向けのOEMプランが御座います。

当社と業務提携頂ける制作会社様は、御社名で本保守サービスの販売を行っていただけます。

お気軽にお問い合わせ下さい。