Webサイトの脆弱性検査サービス

WebRepairでは、保守サービスのほかにスポットでのWebサイト脆弱性検査サービスを行っています。

一般企業のほか、行政、教育機関等にも実施実績がございます。

年に一度程度の定期的な検査をお勧め致します。

診断ツール

WebRepairでは、診断ツールとしてデンマークSECPOINT社の脆弱性検査ツールを使用しています。

他のツールのように開発元にデータが送信されることもなく、20年以上にわたって継続してアップデートされ続けており、日本の一部上場企業や国連機関、米国の連邦裁判所等でも利用されています。

診断項目

PCI DSS、OWASP Top 10(いずれか)

診断対象

※VPS・専用サーバー等の場合

1IPずつ、WordPressも、WordPress以外にも対応しています。

※レンタルサーバーをご利用の場合

1FQDNごと(例:example.com と blog.example.comの二つのアドレスで行う場合、2FQDN)となります。

WordPressも、WordPress以外にも対応しています。

費用

※VPS・専用サーバー等の場合

120,000円(税込み価格 132,000円)

※レンタルサーバーをご利用の場合

1FQDNごとに89,800円(税込み価格 98,780円)

レポート形式

レポートはPDFファイルにてお渡しとなります。

検査結果レポートは英文ですが、非常に簡単な英文であること、また問題になった部分の詳細なども記載されるため、開発者の方であればおおよそ理解ができることと思います。

お問い合わせいただければサンプルレポートをお送りさせていただきます。

再診断

報告書納品後1ヶ月以内